初心者向けのスケボー乗り方、フリースタイル スケートボード トリック動画解説 オーリー ハウツーも

スケボーの乗り方、基礎トリック


5、基礎トリック スケボー始めたばかりのとき・・・

とりあえずスケボーを手に入れた後、さっそく乗ってみようと足を始めて乗せてみたとき、そのバランスの難しさに驚くと思います。僕自身も始めてやったときは本当に驚きました。スケボーを始めたのは、弟がやっていたのがきっかけです。(といっても数週間違うだけですが。)

※写真は「シゴキ」ではありません。思ったよりも難しくてへこたれている図です。笑。

弟がやっているのをみて、簡単そうにやっているのを見て、「ふーん、ああやれば乗れるんだな。」と弟がやるのと同じようにいきなり乗ってひどい転び方をしたのを今でもはっきりと覚えています。
当時は我流でなんとなく滑れるようになって行きましたが、基礎トリックというのは確かにあります。この基礎トリックを押さえることで、我流でやるよりはるかに早く上達できます。
そこでこのページではスケボー初心者の方向けの乗り方、基礎トリックから、具体的な練習方法を説明していきます!
なお、このとおりに練習しないとダメということではありません。いろいろなトリック(技)を同時に練習してもよいと思います。
ここでご紹介するステップで練習すると最初のカンがつかみやすいと思います。

手っ取り早く具体的にスケボーの乗り方から、トリックまで解説したものを見たい方はこちらがオススメです!
HowToFreestyleSkateboardingDVD

解説の前に ~ スタンス ~

乗る位置のことや、乗る方向のことをスタンスと言います。

左足を進行方向に乗せて進むスタンス:レギュラースタンス(左図)
右足を進行方向に向けて進むスタンス:グーフィースタンス(右図)

これから後のトリック解説で、自分のスタンスが逆の場合は右足、左足を逆に読み替えてください。
ポイント 初めての方は次の項目で解説するプッシュを「レギュラー」と「グーフィー」の両方のスタンスで試してみて、どちらがやりやすいが、自分の”きき”スタンスを確認してみてください。 (きき足が右なら、レギュラースタンスが”きき”スタンスの場合が多いようです。)

まずはスケボーに乗ってみる

ステップ1、プッシュ
プッシュとは前足をスケボーの前方に乗せ、逆の足で地面を蹴って滑ることを言います。まずはスケボーにのれなければ意味がありませんので、滑る感覚をプッシュで覚えてみてください。
詳細は以下プッシュのトリック解説をご覧ください。
プッシュのやり方 ~スケボーのトリック解説

ステップ2、チックタック(チクタク)
今度は、デッキを自分の意思で操作します。体重移動でデッキの前方、ノーズ側を浮かせて、前後に振ることで、前に進んでいきます。
詳細は以下チックタックのトリック解説をご覧ください。
チックタックのやり方 ~スケボーのトリック解説~

トリック基礎編

スケートボードの解説では必ずといって良いほど、基礎トリックとして最初にオーリー(ジャンプ)が解説されています。このサイトではあえて、オーリーの前の基礎トリックとしてウォーキングトリックの中のエンドウォークを提案します!

ステップ1、エンドウォーク

エンドウォークとはチックタックを180°前と後ろで交互にやるトリックです。言葉で説明するのは難しいので、下記の解説ページをご覧ください。
カッコよくできるようになるには少々練習が必要ですが比較的簡単なトリックですので、「とりあえず滑れるようになった。何かやりたい!」という方にはオススメのトリックです。
ポイント ボディバランスをとる練習になるので、これを練習しておけば色んなトリックをメイクした後のバランスがよくなり、失敗しかけのときでもリカバリーしやすくなります。
エンドウォークのやり方 ~スケボーのトリック解説~

ステップ2、オーリー(Ollie)
どのスタイルのスケボーをやるにもついて回る定番の基礎トリックがオーリーです。
いわゆるジャンプのことで、デッキごと空中に飛び上がるトリックです。
基礎ではありますが、高さを出すには難易度が非常に上がってくる、奥の深いトリックです。
ポイント フリースタイルではオーリーができなくてもたくさんトリックはありますが、オーリーができるとトリックの幅が広がるので、覚えておくことをオススメします。

オーリーのやり方

フリースタイルスケートボード 基礎編

さていよいよ、当サイトのメイン コンテンツ、フリースタイルスケートボード基礎編の解説です。 フリースタイルのトリックは非常に多岐にわたります。どれから始めても良いですが、人によって、やり易さが違います。「あう、あわない」っていうヤツです。いろいろ試してみて、できそうなところからトライして良いと思います。
ポイント 少しでも「これはできる」という感覚があるトリックを練習したほうがモチベーションも上がるし、何よりやっていて楽しいです!
ということで、ここでは、あえてそれぞれのトリックに取り組む順番はつけず、独断で基本のトリックを5つ集めて見ました。これらのトリックと少しのバリエーションを覚えると簡単なルーティン(技の見せ方の組み合わせ)ができるようになります。
それぞれができるようになるとどういうことができるのか、こちらをご覧になってイメージをつかんで見てください。

フリースタイルの基礎トリックルーティンその1
フリースタイルの基礎トリックルーティンその2

※ちなみに僕も最初の方でこれらのトリックを体得しました。

5つの基礎トリック
レイルスタンド:デッキを横に立てるトリックです。

フィンガーフリップ: 手でデッキを回転させるトリックです。

キックフリップ: 足でデッキを回転させるトリックです。

キャスパー: デッキを裏返して、元に戻すトリックです。

ショービット: デッキを水平方向に回転させるトリックです。

もっとフリースタイルスケートボードを知りたい!

ここから先は応用トリックになりますので、当サイトのHowToをご覧ください。徐々に充実させていく予定です。
さらにもっといろいろなトリックを見てみたいという方はDVDなどを是非ご覧ください!自分にできないトリックでも、いろんなトリックを見ておくと応用力が高まります。たとえば、あのトリックから、このトリックにつなげられるなぁ。とか。
トリックじゃないけどあの動きは真似したらカッコいいに違いない。。とか。
いろいろ発見があります。
最初は真似もうまくなるのに重要な要素です。
いろいろな人のやり方を見ると、バランスのとり方も人それぞれというのが分かってきますよ。
具体的にスケボーの乗り方から、トリックまで解説したものを見たい方はこちらがオススメです!HowToだけじゃなくフリースタイルの応用トリックが見れる映像が入っていますのでそちらもおすすめです!

HowToFreestyleSkateboardingDVD
FScomチャンネル登録してみてね! 新着のフリースタイルスケートボード動画がもれなくチェックできます!!

確実にうまくりたい!

スケボー ハウツー DVD「表現の難しい感覚的なコツ」を可能な限り理解しやすい言葉と映像で。約25年かけて作り上げたFujii兄弟の思考を凝縮して表現!
詳細はHowToDVDをご覧ください

オススメ

↑ PAGE TOP