フリースタイル スケボー トリック動画解説 初心者向けスケートボードの乗り方、オーリー ハウツーも

ショービット[ShoveIt]フロントサイド ~トリック動画解説~

このトリックについて

ショービットとは、デッキを横に回転させるトリックの総称です。
複数のやり方がありますが、フリースタイルではショービットというとノーズ側を踏み、ノーズを軸にして回転させるトリックを指す場合が多いです。回転方向もフロントサイドとバックサイドの2通りがあり難易度もそれぞれ異なります。
このページでは360°フロントサイドに回転させる「フロントサイドショービット360°」を解説します。
Shoveは英語で、「押す」とか「突く」とか言う意味があります。
※写真はフロントサイドショービット540°

難易度

難易度:★★

やり方

  

レギュラースタンスでの解説
1、通常のスタンスから左足(前足)をノーズ側に寄せます。踏み込むとテールが浮く場所に位置させます。ちょうど、フロントトラックの前辺りを踏む感じです。

2、右足は通常のスタンスのままか、または少しだけ前足側に寄せても良いです。つま先はやや進行方向を向けます。

3、この状態で、しゃがんでジャンプの準備をしますが、このとき左足を少し踏み込むように力をかけていきます。ただし思い切り踏むわけではなく、自然に押し込む位の力をかけます。

4、ここで左足(前足)を右足(後ろ足)側に近づけるように足でデッキを送ってやるとデッキがノーズを中心にフロント側に回転を始めます。

5、右足はデッキの回転を安定させるように4、の動作と同時に前足側につま先を前に向けながらデッキの後ろ部分を送っていくようにデッキをコントロールします。
※ただし、デッキを回転させるほどの力を入れてはダメです。コレをやると、デッキが前方に飛んでいってしまい。重心から外れた位置で回転するので、着地できなくなります。

6、回転をしっかり目で見て、右足・テール側から着地をするイメージで着地します。
これは、自分の位置と多少ずれていてもそのままドライブしてリカバリーできるようにするためです。また、見た目にもテールから着地するほうがカッコ良いです。


ポイント

練習のポイント

・はじめはゆっくりのスピードで180°で練習してみてください。
・ノーズを踏み込みすぎて地面にヒットしないようにできるだけデッキの浮きを少なくしてみてください。
・後ろ足(右足)の使う力加減も重要です。デッキが前方に飛んでいくようであれば後ろ足の使い方を抑えてみてください。

良くある質問

止まっていてもできますか?
このやりかたのショービットは走っていないと非常にやりにくいです。最初はスピード出すのが怖いと思うので、ゆっくりとしたスピードで、180°をまず練習してみてください。
どんな応用トリックがありますか?
540°、M80、マニュアルにつなげる。などなど
デッキが変な方向に飛んでいってしまう。
右足の使いすぎが原因であったり、ノーズの踏み込みが強すぎたりしている場合があります。また、うまく乗れない場合はジャンプの時に重心がずれていることも考えられます。回転が乱れる方向をよく分析して悪いところを微調整してみてください。

確実にうまくりたい!

スケボー ハウツー DVD「表現の難しい感覚的なコツ」を可能な限り理解しやすい言葉と映像で。約25年かけて作り上げたFujii兄弟の思考を凝縮して表現!
詳細はHowToDVDをご覧ください

オススメ

↑ PAGE TOP