フリースタイル スケボー トリック動画解説 初心者向けスケートボードの乗り方、オーリー ハウツーも

レイル トゥ レイル[Rail To Rail] ~トリック動画解説~

このトリックについて

レイルスタンドの状態から、反対側のレイルスタンドの状態になるトリックです。レイルスタンドからのトリックの間に入れるとカッコいいです。
バリエーションとして、さまざまなレイルtoレイルがあります。一回転フリップを入れてもう一度同じレイルスタンドに戻るトリックや、レイルフリップを入れて再度レイルスタンドの状態になるトリックなどもあります。


難易度

難易度:★★

関連トリック

バックサイドレイルスタンド
レイルToレイル
レイルフリップ

やり方

  

レギュラースタンスでの解説
1、バックサイドレイルスタンドの状態になります。このとき踏み込みやすいレイルが右側に来ている状態にします。
ポイント レイルのカーブの形状でやり易さが変わります。ノーズとテールでやり易い方を選んで練習してみてください。
参考: バックサイドレイルスタンド

2、右つま先を右方向に向けます。このとき右足の親指と人差し指の間辺りにデッキのレイルがあたるように調整します。

3、右つま先で下向きの力を加えながら、ややしゃがんでジャンプするように体重をデッキから抜きつつ、右足つま先でデッキを踏み込み、前方にデッキを回転させていきます。

4、デッキが180°回ったところで、回転を良く見て反対側のレイルに着地します。
ポイント 最初はウィールの位置を目で追いながら練習すると良いかもしれません。

この後続けてやるトリックとして、 レイルフリップ などがあります。
さらに詳細な解説を知りたい方は HowToFreestyleDVD もよろしくお願いします。


ポイント

練習のポイント

・イメージはレイル(ノーズ)のカーブに沿ってデッキの左側を少し持ち上げてやるような力を入れながらやや前方に押す。という感じです。

良くある質問

デッキがうまく回りません。ペタっと倒れます。
デッキのカーブをうまく使ってデッキを少し浮かしてからまわすようにしてみてください。デッキを浮かせずそのまま前に押してもデッキが倒れるだけになってしまいます。感覚をつかむまでは少し時間がかかりますが、根気良くやってみてください。

確実にうまくりたい!

スケボー ハウツー DVD「表現の難しい感覚的なコツ」を可能な限り理解しやすい言葉と映像で。約25年かけて作り上げたFujii兄弟の思考を凝縮して表現!
詳細はHowToDVDをご覧ください

オススメ

↑ PAGE TOP