フリースタイル スケボー トリック動画解説 初心者向けスケートボードの乗り方、オーリー ハウツーも

ホッピング/ポゴ[Hopping/Pogo]  ~トリック動画解説~

このトリックについて

デッキを立てて、トラック側に足をかけてはねるトリックをホッピングやポゴと呼びます。
手を使わずに行うのをポゴ、手を使って行うものをホッピングと区別します。
海外サイトなどでは手を使っていてもPogoの表現がされている場合があります。
ここではホッピングの方法を解説します。


Honoka

難易度

難易度:★ ~ ★★

やり方

  
 

最もベーシックな方法を解説します。
レギュラースタンスの方の場合の解説です。
1、ノーズ側を踏み、込んで右足をデッキの下に入れます。
2、デッキの下に入れた右足を上方に引き上げつつ左足で軽くジャンプします。
3、デッキの動きをよく見て左手でデッキをキャッチすると同時くらいに右足がトラックに乗るように調節します。
4、右手もデッキのノーズ側をつかみ、バランスをとるようにしながら何度かジャンプします。これがホッピングという動作です。
※つかむ位置は人によって異なります。下記ポイント参照
5、安定したらデッキを戻して着地します。

ホッピングへの入り方は色々あります。
A、デッキのそこから右足ですくい上げるようにして、左手でキャッチしそのままホッピングにはいる方法(上記1~5の解説)
B、右手でデッキのノーズをもち、持ち上げながら、左手でキャッチし、ホッピングに入る方法
C、通常のテールスタンドの状態からデッキのノーズを左手で逆手に持ち、デッキを半分フリップさせるようにしながら入る方法
(B,CはYouTube動画の後半に参考映像として入っています)

AとBの方法の難易度は同程度ですが、Cは慣れるのに少しコツがいります。

ポイント

練習のポイント

・分解練習が重要です。まずホッピングの動作を練習してください。デッキを手で持ってジャンプする動作が安定してできるようにしてみてください。
・デッキの持ち方はいくつか方法があります。私が行っているのは、ウイールを握りしめるようにした状態から人差し指と中指を伸ばしてデッキテープ側を支えて固定する持ち方です。
手が小さい人はこの持ち方はきついかも知れません。持つ場所などもいろいろありますので研究してみてください。いろいろ映像を見てみるとよいかと思います。
・上体はできるだけ起こしていたほうがよいですが、ジャンプするための曲げは必要です。頭が下がり過ぎないように練習してみてください。
・デッキを戻す動作ではジャンプはそれほど必要ありません。前に転がすようにして軽くジャンプして自然にデッキが元の状態になるように調整してください。

良くある質問

ホッピングが安定しません。
安定するまでは少し時間がかかると思いますがそのうち必ず安定してきます。気長に練習してみてください。

どんな応用トリックがありますか?
このトリックは無限に可能性があります。フリップ、左右入れ替え、足の入れ替え、トラックtoトラック(上下入れ替え)など、非常に多くのトリックがあります。このサイトの動画やビデオなどで確認してみてください。

確実にうまくりたい!

スケボー ハウツー DVD「表現の難しい感覚的なコツ」を可能な限り理解しやすい言葉と映像で。約25年かけて作り上げたFujii兄弟の思考を凝縮して表現!
詳細はHowToDVDをご覧ください

オススメ

↑ PAGE TOP