このサイトFreesytyle-SK8.comについて

サイト名称

FScom logo ロゴ フリースタイルスケートボード総合情報サイト

正式名称 Freestyle-SK8.com(フリースタイルスケートドットコム)
略称 FScom(エフエスドットコム)
★FSとcomの間に「.」は入りません。

運営コンセプト

老若男女問わず楽しめるフリースタイルスケートボードを普及する。
そのために、スケートボードに興味を持った一般の方向けには始め方やトリックのハウツーなどの情報を掲載、また既にフリースタイルを始めている方にはイベントの情報や参加型のWebコンテストなど、継続して発信し続ける。そして、「スケボー」を想像したとき「フリースタイル」も候補にあげて頂けるよう世界に伝え続ける!

運営者情報

マネージャー:Masahiro Fujii
アドバイザー:Toshiaki Fujii
サポート:FScom Riders

2006年 サイト製作に至った背景

今年(2006年)で私は34歳になります。第二子も誕生しました。仕事もだんだん忙しくなってきました。。。
正月、色々と思考を巡らしているときに思いました。
スケートボードって自分にとってなんなのだろう??
人生の半分以上を費やしてきたフリースタイルスケートボード。そんなメジャーでもないフリースタイル スケボーにこんなに時間つかっている自分。これってどうなんだろうと考えたとき、ふと今まで培ったものをこのまま埋もれさせてしまうのは自分にとってもったいないなぁ。と思いました。
なにより、僕らの世代と今コンテストでがんばっている世代がフリースタイルスケートをやめてしまったときフリースタイルがこのまま日本で認知されなくなってしまうことがほんとに寂しいなぁと思ったのです。
2002年まではフリースタイルビデオ「Marvelous」シリーズの作成など行い、MO-1氏と共にフラットランドスケートの協会JFSAも立ち上げ(現在はほとんどMO-1氏ががんばってくれています)普及活動を行いました。おかげで首都圏、近畿圏、浜松ではかなり認知されました。
しかし、現在でもフリースタイルは完全に広まったといえる段階ではないと思っています。
ではどうするか?
コンスタントに情報発信をしていくことで、もっと認知されて、実際に始める人もいるんじゃないかなぁ。と。
今後スケート始める人に選択肢の一つとしてフリースタイルを紹介したいなぁ。と。
キチンとフリースタイルスケートボードのことを知ってもらえれば、面白いことが伝わるんじゃないかなぁ。と。
そんな風に思って、今年の目標をいくつかノートに書き留めました。そのうちのひとつがこのサイト作成だったというわけです。
2006/2/11 フジイアニ

お問い合わせ

サイト運営やスケボーのイベント出演、広告掲載などのお問い合わせは、以下のお問い合わせフォームよりお願いいたします。
こちらからお願いします
★お願い★
スケートボードの乗り方、デッキの組み方など、個人的なご質問をメールでお送りいただいても、回答をすることはできません。管理人はその他も含め大量のメールを毎日受け取っているため、個別に返信は難しい状況です。
個人的な疑問点や内容に関しては、FaceBookページにてご質問頂ければ幸いです。
疑問点を皆で共有して解決しましょう。
もちろんわかる範囲で私も回答させていただきます。よろしくお願いします。

リンクについて

当サイト「Freestyle-SK8.com」へのリンクはご自由に行って頂いて結構です。
Webサイトからリンクいただく場合は、下記トップページのアドレスへリンクしてください。
※必須ではありません。FaceBookなどへのシェアなどは、各ページにリンクいただいて構いません。
http://freestyle-sk8.com/

テキストリンクの場合:以下のキーワードを入れていただけると助かります。
キーワード:フリースタイル、スケボー、動画、ハウツー、初心者向け

1、フリースタイル スケボーの情報サイト「Freestyle-SK8」
2、スケボーの動画ハウツーサイト「FScom」
3、初心者向けスケボートリック解説サイト Freestyle-SK8.com

スポンサーリンクについて

Googleの自動掲載をしています。また関連するサイトや「これ良いかも?」というサイトバナーなどを独断で掲載している場合があります。
これらのサイトは当サイトとは運営が異なり、商品やサービスに関しては当サイトとは一切関係ありません。ご利用の際はリンク先サイトのご利用方法をご覧ください。
なお、当サイト内のスポンサーリンクからの収益はこのサイトの維持費、ソフトウェア購入費、ビデオ機材・制作費、その他、フリースタイルスケートボード普及活動に活用させていただいております。
より良い情報提供を継続して実施していきたいと考えております。是非スポンサーサイトも訪問してみてくださいね。