作り方!?!?

「ほー、どうやってやるの?」って見に来た方ゴメンナサイ。

そんなもん、簡単にあるわけないじゃないですか(笑)

どうも、藤井アニです。

今日は僕が新しいトリックを開発した時の思考とかそういうのをちょっとタネ明かししてみようかなと。

スケボートリックの開発方法?

それは、、、

常にスケボーのコト考え続けて、出来そうな新しいトリックのリストを作って、片っ端から試し続けたら、、
たまに出来るやつがあって、それが新しいトリックになる。

実はそれしか方法無いんです。
なんて、話を過去にも書いた気がするんですが、、、

そう、考え続けて生み出す以外に方法は無いんです。
稀にいろんなトリックにチャレンジし続けて失敗が成功になるとかで偶発的に生まれるトリックがたまにありますが、結局は考えながらやり続けていないと生まれないです。

やはりどんなことでもそんなに簡単にはできません。発明するのは難しい。

でも応用トリックを比較的簡単に作るポイントとなる方法あるのでちょっとだけご紹介。

あ、いや、「簡単に作れる」では無いです。スミマセン。

「比較的簡単なアイデアの出し方」です

では行きますよ~!!

  • 今あるトリックの逆回転・逆方向で考えてみる
  • 今あるトリックとトリック間の溜めをなくして新しい動きにする
  • 今あるトリックの動きを異なる系統のトリックに当てはめてみる
  • 全く違うスポーツの動きを見て無理やりスケートボードに当てはめてみる

そんな感じです。

そうやって大量に出したアイデアを片っ端から試して自分のモノになるのが100個のうち1個でもあれば、オリジナルですよ!!

「え!?なーんだそんなことか」って思ったでしょ?

ではここで質問です。

自分が思いついた、それらの思いついた応用(誰もやってない)を試したことがありますか??

試したことあるよ!って方にも聞いてみます、、、

誰もやっていない、出来るかどうかわからないトリックをそれがカッコいいと言われるまで、自分を信じてやり続けたことはありますか??

新しいこと生れるときってたぶんここなんですよね。

ある程度ベーシックなことが安定して出来るようになったら、是非そういうのも目指してほしいなぁ。
そういう人がたくさん出てきて、まだ見たことない新たなトリックが生れることを期待して、ちょっと今日は書いてみました(^^)v

作ったトリック例

ちなみにそうやって生まれた一つがキックフリップを二回続けて行う
ゼロモーションキックフリップ
これは、トリック間の溜めを極限までなくしたらどうなるか?っていう考えから着地スタンスをアプローチスタンスと同じにしたら連続に出来るんじゃないかって発想から生まれました。
勝手に名付けた(命名はYO3)連続トリックです。

まぁ元々存在するトリックをつなげただけなので、開発したトリックっていうと大げさですね。。。
誰でも思いつきそうですが誰もやっていなかったのでトライし始めました。

一回目で完全なスタンスに戻らないといけないので結構難しい。なんとか、メイク出来るけどかっこよくできないので、最初はToshiakiに馬鹿にされてました。

5年前にゼロモーションキックフリップを思いついてはじめて映像に出したのが5年前、、
この映像の時です。

その後、3回連続に増やしてトライしたのがそこから半年

当然その後、4回連続もトライして超きれいに出来たことがあったんですが、映像には残っておらず。

気付けばIsamuが映像で4回連続でやってましたね(◎_◎)
流石のスキルです(^^)

4回連続にトライしてみよう

先日のカナダのコンテストでAlexander Radmakerに何回できますか?と
聞かれたのをきっかけにもう一回挑戦してみよかとトライしてきました。

4回連続キックフリップ スケボーのトリックにチャレンジ
https://youtu.be/pipq2xnf9Rc

映像見ていただけるとわかるんですが、4回連続の前に、3回連続にトライし始めたものの、まず、3回転が不安定(^-^;

時間があいてしまうとダメですね。

ついこの前のポストでこんなこと書いたくせに・・
http://freestyle-sk8.com/blog/ani/20180603trick.html
基礎練すっ飛ばしてトライしてもダメなものはダメなんです(笑)

ちょっと身体的に厳しくなってきたけど暇見てトライしてみるのでいつかUPできるっかな~(^^)v
それまで皆さん、よろしければFScomチャンネル登録してお待ちいただければ幸いです!

ちなみに、、、映像でちょろっとご紹介した
★Alexander Radmaker★

↑イカレてますね。要チェック!!!